企業の業績向上と組織体制構築の密接な関係性について

2018.12.21

住宅業績アップマガジンをご愛読いただき誠にありがとうございます。

船井総合研究所住宅コンサルタントの八谷栄輝です。

本日のテーマは、「業績アップと組織体制の関係性について」です。

今回このテーマを選んだ理由としては個人的に最近、いろんな会社様から業績アップよりも工期短縮や定着率の向上などをご相談いただくからです。

業績を上げていくうえで切っても切り離せないマネジメントの部分を今回はメインにお話しさせていただきます。

なぜ人が辞めてしまうのか

売上の成長率が高ければ高いほど会社は歪むとわたしは考えております。
というのも、やはりどうしても会社(=経営者)の考えやスピードに全員が全員ついてこれないというのと常に時流に適した変化が求められますので、どうしても新たな体制や仕組に腹落ちがせずに辞めていってしまうことがあるのです。また給与面や待遇、いざ入社してみて社長との考えが合わないということに気づいたり、人間関係の悪化などなど従業員が辞める理由は上げればきりがありません。

人が辞めない組織づくり

初めから誰一人辞めない組織を作るというのはほぼ無理に等しいでしょう。なぜなら、業績を上げていくうえでの課題は業績を上げなければわからないからです。常に会社は変革を求められておりますので、どうしても業績向上と並行してマネジメント・定着率向上を図っていかなければなりません。

ただ、人が辞めにくい会社というのは評価制度や職種別の役割・仕事というのがはっきりしております。ここができていない会社が非常に多いのが現実です。

・直接部門(営業)が辞める一番多い理由は営業成績があげられないこと

・間接部門(営業以外)が辞める一番多い理由は業務の境界線が曖昧であること

強い組織になるための土台作り

先ほどあげた二つの退職理由これらの解決方法は至ってシンプルです。

まず、営業マンが売れる仕組みづくりを行うこと。
よくある誤りが下記です。

「営業マンが棟数をあげられない」⇒「そうだ!売りやすい新商品を扱おう」⇒「あれ・・・もっと棟数があがらない・・・」

こんなこと実際にありませんか?
なぜこうなってしまうかというと一人の営業マンが複数の商品を扱うことによってますます商品が売れなくなってしまうからです。前線で営業されている社長がよくやりがちなのですが、売りやすい企画商品を投入したところで営業マンからしたら提案する選択肢が増えただけで現状よりも売りにくい状況になってしまうのです。そうならないためにどうすればいいのか?

1営業1商品を取り扱う仕組みを作ればいいのです。
また、1営業1商品を取り扱うことが決まったらしっかりその商品を買うターゲット集客を行ってください。業績の高い我々のお付き合い先はここが徹底できています。ですので、人員(営業)が増えれば増えるほど業績が上がるという構図になっているのです。

 

また、間接部門の離職率低下に関しては、明確な役割分担、ルールというものを設けなければなりません。こちらは業務管理システムの導入など様々な対応策がありますが、きっちりと自社で設計はここからここまで、現場監督はここからここまでと業務分担の線引きを社長自ら設定してあげることが大切です。その大前提となるルールが構築されたうえで従業員に応じて裁量を増やす・減らすを検討することが大事です。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。本日は、「業績アップと組織体制の関係性についてというテーマでお話させて頂きました。

本日お話しした内容のポイントは下記です。

 

  1. 業績向上と定着率向上は常に行う
  2. 1営業1商品の組織づくり
  3. 職種別の明確な役割分担・線引き

 

今後も住宅業界の「業績アップと強い組織づくり」をテーマに施策と事例を紹介させていただけばと思います。ご愛読いただければ幸いです。

船井総合研究所の八谷栄輝による住宅業績アップマガジンを読んで頂きまして、ありがとうございました。

この場では、触りの部分のみをご紹介しておりますが、更に詳しいお話もできるかと思います。相談会などをフル活用して頂き、業績アップに貢献できればと考えております。

また、経営相談も実施しておりますので、何かございましたらお気軽にお申し付けくださいませ。

これからも宜しくお願い致します。

また、前回の記事もこちらに掲載させて頂きますね。ぜひ、ご覧ください。

 

働き方改革!住宅業界の「女性の活躍推進」~育成編~【住宅業績アップマガジン】

 

 

住宅業績アップマガジン編集担当 八谷 栄輝

Facebookでシェア
セミナーレポートダウンロード

人気の記事ランキング

フリーワード検索

PAGE TOP
最新成功事例公開セミナー情報 住宅業界時流適応の最新ビジネスモデル