2018年の動向予測と対策【チラシ編】

2018.05.11

今年の駆け込み対策

増税により今年一年は、お客様の駆け込み受注が増えると思われます。

しっかりとそれに向けての集客対策、営業対策を、しっかりと取っていく必要があると思われます。

その中でも今回は集客対策として、チラシの打ち方の対策をお伝えさせていただきます。

 

集客の種類と役割

まずはじめに、集客媒体の種類と、その役割、そこでの主なポイントを書かせていただきます。

しっかりと、役割、ポイントを押さえることが、今後の集客の重要な武運になってきます。

 

チラシにおける2パターンのターゲット訴求

まず、ターゲットをしっかりと明確にしなければ、訴求もできません。

今後、低価格×高性能なZEH住宅が多数のお客様のニーズにマッチングします。

そこで、あまり建物へのこだわりがない年収300万~400万の層に向けて、価格訴求、属性訴求をしっかり、踏むことがG重要になってきます。

 

チラシの役割と主なポイントまとめ

今後は、チラシだけでは集客は難しいです。チラシを、WEB誘導のための媒体として使うことにより、お客様の来場へのハードルを下げることができ、来場促進につなげることができます。

また、物貰い等の見込み度が低いお客様以外もしっかり来場させるよう、裏面にはお客様の声、商品訴求等、建物共感を得るようなページを作成するとよいです。

 

 

Facebookでシェア
ZEH対応高性能規格住宅セミナー セミナーレポートダウンロード

人気の記事ランキング

フリーワード検索

PAGE TOP
最新成功事例公開セミナー情報 住宅業界時流適応の最新ビジネスモデル