働き方改革!住宅業界の「女性の活躍推進」~採用編~【住宅業績アップマガジン】

2018.08.17

住宅業績アップマガジンをご愛読いただき誠にありがとうございます。

本日のテーマは、「女性の活躍推進~採用編~」です。

先日私の担当したコラムでは、「働き方改革」では女性の活躍推進が重要であること、そして女性登用による女性目線の商品開発・営業が住宅業績UPのカギであり、そのためには採用・育成・定着・管理職登用・職場風土という5つの観点から改革が必要であるというお話をさせていただきました。

そこで今回は、女性の活躍推進のうち特に「採用」についてお話しできればと思います。

前回のコラムでもお話した通り住宅業界における女性の活躍推進は単なる労働力不足の解消にとどまらず、「生活者」である女性の目線や近年住宅購入決定に影響力の強まっている女性の感性を取り入れることで企業として大きく業績UPができる可能性も秘めています。

とはいってもなかなか女性の採用が進まない、応募が来ない、どこから手をつければいいかがわからない、そのような会社様も多いのではないでしょうか。

本日は女性採用を推進していく上で検討すべき事項についてお話できればと思います。

 

 

ライフイベントを意識した制度の策定

長く働きたいと考える女性が最も気にするのは「ライフイベント」。つまり、結婚や出産・育児と並行して働いていくことができるのか、という部分です。

「育休・産休制度」を策定するのはもちろんですが、その取得のしやすさ(申請フローは明確か、形だけの制度になっていないか)も重要です。単に制度を設けるだけでなく、各部門に協力を仰ぎ、きちんと運用されていなければ意味がありません。

また育休明け復帰の際も研修やメンター制度等でフォローを行っているか、復帰後も子供の体調不良に対応できるような休暇制度(看病休暇・半日休暇制度等)や、体調不良の子供を預かれる保育所等の提携(病児・病後児保育等)があるか、等も重要になります。

すでに上記の制度がある会社様も今一度その取得状況を調査し、運用できているか確認してみましょう。上手に運用されているようであれば採用活動の際に育休・産休取得率や育休後復帰率を数字で示したり、育休から復帰した社員のインタビューを掲載したりする等その取り組みについて就活生にPRすると採用の際の大きな強みになるでしょう。

女性ならではの視点が活かせることをPR

「家庭と仕事の両立」というのは単に「働けるか」だけではなく、「女性も成果を出せる環境にあるか」「今後キャリアプランを描けるか」というのは働く側にとっても企業にとっても重要です。住宅業界は「バリバリの男性社会」であると同時に「バリバリの成果主義」でもあります。住宅業界で長く働いてもらうには、家庭と仕事を両立しながら女性にどう「成果」を上げてもらうか、そしてその成果をいかに「評価」するかが重要です。

言うまでもなく住宅業界における女性の存在は非常に重要です。住宅購入においても女性の意見は重視され、チラシ等でも「子育てのしやすさ」「家事のしやすさ」をPRしたものが目につきます。生活者の視点が重要視される住宅業界においては、特に女性ならではの視点やきめ細やかな気配りは今後の商品開発や営業の際に大きな役割を果たすことが期待されます。

またその「評価」においても、「結果」のみの評価だけでなく、「生産性」「効率性」の軸を入れ、労働時間の長短のみに左右されない評価システムの導入も必要となります。

採用説明会等では先述の福利厚生をPRするのももちろんですが、実際に働いてどのような仕事があり、どのような働き方を求めているのか。将来的にどのようなキャリアが見込めるのかについて提示することも重要になります。

またすでに社内で活躍されている「ロールモデル」となるような女性がいらっしゃればその方に採用説明会などでお話をしてもらう、座談会に参加してもらい不安や悩みを解消してもらうのも戦略として大変有効です。

女性活躍推進は採用にも好循環

ここまで女性活躍の推進を目指した施策についてお話をさせていただきましたが、これらの施策は何も女性の採用のみに効力を発揮するわけではありません。

株式会社i-plug様が2019年卒学生を対象に行った「就活生の『働き方』に関する意識調査アンケート」では「長時間労働やサービス残業があるか」「有給休暇が取得しやすいか」「結婚後の待遇・働き方を考慮してくれるか」についてそれぞれ64,6%、55.4%、43.6%と半分近くの就活生が「気にする」と回答、また「時短・リモートワーク・副業OKなど柔軟な制度があるか」も25.0%の就活生が気にすると回答しています。

「がむしゃらに働くので働き方は気にしない」に関しては、昨年の調査では11.8%でしたが、今年の調査では7.1%とダウンしています。男女に関わらず柔軟な働き方のニーズは今後も高まっていくことでしょう。

休暇制度の充実や保育所の整備、時短を含めた柔軟な働き方の導入は女性の採用だけでなく、柔軟な働き方を求める男性の採用にもつながっていくことでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。本日は、「女性の活躍推進について~採用編~」というテーマでお話させて頂きました。

 

  1. 1.ライフイベントを意識した制度の策定と運用が必要
  2. 2.柔軟な働き方に対応したキャリアアップと評価システムの整備も重要
  3. 3.女性活躍推進は採用全般において好循環を生む

 

今後も「女性の活躍推進」をテーマに施策と事例を紹介させていただけばと思います。ご愛読いただければ幸いです。

住宅業績アップマガジンを読んで頂きまして、ありがとうございました。

この場では、触りの部分のみをご紹介しておりますが、更に詳しいお話もできるかと思います。相談会などをフル活用して頂き、業績アップに貢献できればと考えております。

また、経営相談も実施しておりますので、何かございましたらお気軽にお申し付けくださいませ。

これからも宜しくお願い致します。

また、前回の記事もこちらに掲載させて頂きますね。ぜひ、ご覧ください。

働き方改革!住宅業界の「女性の活躍推進」【住宅業績アップマガジン】

 

Facebookでシェア
セミナーレポートダウンロード

人気の記事ランキング

フリーワード検索

PAGE TOP
最新成功事例公開セミナー情報 住宅業界時流適応の最新ビジネスモデル